〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
        酒酒酒酒酒酒   酒    酒酒酒酒酒酒酒酒
       酒    酒     酒     酒  酒
      酒    酒       酒 酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
     酒酒酒酒酒酒          酒  酒  酒  酒 
    酒   酒酒       酒酒酒 酒  酒  酒  酒
       酒酒酒酒酒酒酒       酒  酒  酒  酒
      酒 酒    酒     酒 酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
        酒    酒    酒  酒        酒
        酒酒酒酒酒酒   酒   酒酒酒酒酒酒酒酒酒酒
 
                          の会.COM
     
    
      頑張って毎月発刊          ┠────┨
                        ┃さかえや┃
      ★叔羅川ぜんぶ出来上がったよ号★  ┃村上栄樹┃
                        ┗┓  ┏┛
    ( ^^)YY(^^ )乾杯!
           ┗━━┛
                     http://meisyunokai.com
 
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  ============================================================
  
   ご挨拶
     2月、3月は年度末。
   皆様方におかれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。さてこのたび
   下記にて総会を・・・。   やめてくれー!って叫びたくなる今日この頃ですね。
   くれぐれも飲みすぎにご注意いただきたいと存じます。
  
    ============================================================
 
  目次
   1.叔羅川山田錦もいよいよ搾りです。
   2.叔羅川五百万石、大好評です。
   3.バレンタインデーはワインだよね。
   4.タウン情報誌フーディー読んでね
   5.ホームページ
   6.ネットでみーつけた!
 
  ============================================================
 
  1.いよいよ叔羅川 山田錦の搾りです。
    「いよいよ」というより「ようやく」のような叔羅川山田錦の
    搾り
と皆さんも思われるかも?新酒って言うと、だいたいお正
    月ってイメージだと思います。なのに「えっ3月に搾るの?」
    ですよね。これには、いろ〜んな理由があるのです。
     ひと昔前なら、しぼりたて新酒というのは、年が明けるとボ
    チボチと入荷し、たいがいは2月末でおしまいというものでし
    た。この頃の酒蔵では、10月になると杜氏がやってきて準備
    を始め、11月から仕込み、最初の酒の搾りは12月中旬でし
    た。そのお酒を瓶詰め、ラベル貼りなどして、お正月早々にお
    店に並ぶ。その後、杜氏は3月初旬ころまでお酒を造り、役目
    を終えて故郷へ帰って行く。
     ところが、最近では日本酒の消費量が半減(生産量が半減)
    ということで、醸造期間は半分しか必要がない、で、早いとこ
    ろでも12月中旬からの仕込みで、搾りが年明けとなってきて
    います。ですから、一番入荷の新酒でも1月末または2月にず
    れ込むようになってきています。
     もうひとつ、蔵では仕込みの順番としてランクの低いものか
    ら醸造します。ならし運転といっては語弊がありますが、もし
    ものときのリスクを考えるのと、とりあえず安い原料のものか
    らとなります。また醸造に適する冷え込みという点からでも、
    一番は2月なのです。
     以上のことで、本年度の
叔羅川山田錦しぼりたて
    発売は3月上旬となります。(花見で飲んでね!)


  2.2連発で叔羅川ネタはどうかと・・・?
    でも自画自賛、今年の五百万石は旨い!というか爽やかという
    か、最高のデキです。お飲みいただいた皆さんにも、すごく
    いい評価をいただいてます。「飲みやすい」「爽やか」「キレ
    がいい」云々・・「そうです、そうです、あたってますよ〜」
    でも、村上少年は心の奥底で呟くのであった。「・・・・・」
    つづきは次回ということで。


  3.日本酒講座
    (皆様のご指摘で、専門用語が多すぎということに気づきまし
     た。ここで日本酒文化の伝承者として、ご説明していこうと
     思います)








例年暖冬ということもあり、どうしても吟醸物の仕込みは

    昨年福井では、7月に豪雨に見舞われ、わたしどもが酒米を栽培
   している池田町の田んぼも、土砂が入り込む被害をうけました。
   なんとか収量は確保でき、叔羅川の醸造には影響はありませんでし
   たが、土砂を取り除いたり、倒伏した稲を1本1本起こしていただ
   いたお百姓さんのご苦労には心よりお礼申し上げます。
    叔羅川は年明けより、まず五百万石を仕込みました。モロミ期間
   25日程度で、すでに搾りを終え、「うすにごり」と「しぼりたて」
   となって、2月3日よりの発売です。ぜひこの季節、雪見酒で味わ
   ってみてください。尚、山田錦は今月末の発売です。
     
    叔羅川新酒の発売に合わせまして、2月5日「さかえやきき
   酒コーナー」で試飲会を開催します。おろしそばなどご用意してた
   っぷりと飲んでいただきたいと思います。詳しくはこちら。



  3.いよいよ
バレンタインデー。酒飲みにチョコは豚に真珠?
   ワインなんて貰ったら超ラッキーですね。まあ、本命なら、カロン
   セギュール、フランスのボルドーのホンモノの高級ワインあたりで
   しょう。価格も1万円クラス。こんなのでカンパ〜イしてみたいも
   のですね。まあ、そこまでは言わない。「おすすめの1本」をご用
   意しました。「
シャトーサンコロンボ」コロンボ=鳩が、ラベ
   ルにハートマークと共にデザインされたお洒落なボルドーの赤。
   価格もなんとか3000円(税込)でご提供。味わいもメルロー主
   体の上品なボルドーです。在庫限りですので、ぜひお早めにお買い
   求めを(おねだりを)
    
 

  4.タウン情報誌、
Fu−D(フーディー)ってご存知ですか。
   金沢の出版社が出している福井エリアの情報誌ですが、その本の中
   に04年の6月号から酒に関する物語風のコラムが新規連載と
なって
     おります。じつのところ、私とライターが酒飲みながら、ああでも
   ないこうでもないという感じで半分フィクションで作り話を作って
   いるのです。今回2月10日発売は「
梵・蔵見学」という題材で、
   かなり真実に基づき書きました。写真もホンモノ、見てください。
   ローソンなんかにも並んでいるので、買ってくださ〜い。
   
閲覧コーナーへ

    今回の原稿のあとがきになりますが、酒蔵を訪ねて思ったこと。
   「この伝統は残さなあかんで!」原稿を読んでいただいてもお解かり
   のとおり、日本酒って日本が誇るべき文化なんです。類稀な技術。

     それを支えるのは、我が町の小さな酒蔵。その蔵が今、危機に直面しています。
      この10年で、日本酒の消費量は約半分に。これは焼酎ブームや、ローアルコー
     ル飲料への移行で仕方がないことと思いますが、こと地酒となるとさらに悲惨です。
     日本酒を大量消費する人が飲むお酒は、低価格のパックやペットボトルの酒
     (個人的見解として、あんなの日本酒と呼んではいけない。糠酒入焼酎です)
      わたしたちが、日本の伝統文化、日本酒を支えることはそんなに難しいことでは
     ありません。お正月、結婚式、お葬式、地鎮祭、建て前、落成祝い、秋祭りは
     言うまでもなく、忘年会、新年会など宴会は必ず日本酒で乾杯してください。
     もちろん、各地の頑張っている本物の日本酒で。
 
  5.ホームページ入り口(20歳未満入室禁止)


  6.最近ちょっとハマってます。    
    http://www.virtualfx.jp/
   バーチャルで外貨先物。バーチャルで終われば良いのですが・・・
   結構イケます。遊んでみてください。


    今までご紹介のサイト

           
      
      安〜い、通販

  
  ============================================================
 
  それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
  ご意見ご感想お待ちしております。 eiki@meisyunokai.com
  ぜひ、さかえやきき酒BARに、遊びにきてください。
 
  ( ^_^)/~~~サイナラ〜〜〜      http://meisyunokai.com
 
   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓